カイロプラクティックヘルスケアは、一般的な手技療法の中で、最もよく用いられているものの一つで、現在世界100カ国以上で実施されており、40あまりの国々で医療資格として法制化されています。そのうちの6カ国(アメリカ・カナダ・ニュージーラント・オーストラリア・イギリス・イタリア)では、医師と同等の資格(診断行為が可能)として認められています。
 世界保健機関(WHO)に加盟する世界カイロプラクティック連合(WFC)が80余の国・地域で組織されており、2006年3月、カイロプラクティックの教育と安全性に関するWHOガイドラインが発表されました。